中間処理施設については、法律で次の基本的事項が定められています。

1.中間処理施設の設置に当たっては、都道府県知事等の許可を得るとともに、廃棄物処理法に定める基準に基づき中間処理施設を設置し、維持管理基準及び維持管理計画に従い維持管理しなければならない。

2.廃棄物処理法の許可対象とならない中間処理施設等の設置に当たっても、適正処理の観点から、廃棄物処理法に定める技術上の基準を遵守すること。

3.中間処理施設を設置する者は、その他の関係法令に定められている基準に従わなければならない。

4.廃棄物処理法の許可対象となる焼却施設の設置者は、維持管理状況を記録し、維持管理計画とともにインターネットの利用その他の適切な方法により公表するほか、処理施設に記録を据え置き、地域住民等の生活環境の保全上利害関係を有する者の閲覧の求めに応じなければならない。

鳥取県での中間処理施設の設置許可については、以下を参照してください。

鳥取県 処理業等の許可申請・届出

中間処理施設の中でも設置について許可が必要なものとそうでないものとがあります。許可の対象施設については、上記のページからダウンロードできる「中間処理施設 設置許可申請の手引き」の中に書かれてありますので、そちらを参照してください。