昨日のブログにも書いたのですが、家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)などを廃棄するときには、家電リサイクル法に従って処理しなければなりません。

しかし今回、引越業者が無償(タダ)で廃家電を引き取って、製造業者等以外の業者(今回の場合はスクラップ業者)に有償(お金を受け取って)渡していたことが判明しました。これは法律違反です。

法律では、製造業者等に引き渡さなければならないからです。

なお、この引越業者は家電の販売も行っていたようです。つまり小売業者でもあったわけです。

今回の違法行為に対し、経済産業省及び環境省から引越業者に対し勧告等が行われました。これにともない、引越業者に対し、次のような周知文書が公表されています。

家電4品目の適正リサイクル(引越業者宛)