鳥取県の産業廃棄物収集運搬業の許可と届出は専門の中尾泰雅行政書士事務所にお任せください
ブログ

建設工事の産業廃棄物

建設廃棄物の発生量の予測するには

建設廃棄物の排出事業者である元請業者は、廃棄物の処理計画を作成しなければなりませんが、その際、廃棄物の発生量を予測する必要があります。 建設廃棄物の発生量は、工事種類別の廃棄物発生量原単位などを参考とし、作業所(現場)の …

建設廃棄物の中の特別管理産業廃棄物とは

建設廃棄物の中には特別管理産業廃棄物に該当するものがあります。 特別管理産業廃棄物とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものをいいます。 建設廃 …

建設廃棄物の収集運搬で許可が要らないときとは

建設工事における建設廃棄物の運搬について、大切なことなので再度書いておきたいことがあります。それは、 建設廃棄物が、請負金額500万円以下の軽微な維持修繕工事に伴い生ずるものである場合には、その工事の下請負人は収集運搬の …

建設混合廃棄物の取扱いについて

建設廃棄物の種類に「建設混合廃棄物」があります。建設混合廃棄物とは、安定型産業廃棄物とそれ以外の廃棄物が混在しているものをいいます。 ■安定型産業廃棄物・・・産業廃棄物のうち安定型最終処分場に埋立処分できるものをいいます …

建設廃棄物の処理における発注者の責任とは

建設廃棄物の処理に関しては、排出事業者である元請業者やその下請負人だけでなく、発注者にも責任と役割があります。 1.建設工事を行う以前からの廃棄物を適正に処理すること これは例えば、解体予定の建築物の中に家具などが残され …

建設廃棄物の処理における下請負人の責任とは

建設工事においては、廃棄物の排出事業者は元請業者でその処理について責任を負っています。では下請負人にはどのような責任があるのでしょうか。以下に下請負人の責務と役割をあげてみました。 建設廃棄物の発生の抑制を積極的に図るこ …

建設混合廃棄物の取扱いに注意

建設混合廃棄物とは、建設工事で発生する廃棄物で、安定型産業廃棄物とそれ以外の廃棄物が混在しているものをいいます。 (安定型廃棄物とは、具体的には、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁 …

建設廃棄物を下請負人が許可なく運搬できる場合とは?

建設工事において、下請負人が収集運搬の許可がなくても建設廃棄物を運搬できるのは、建設工事に係る書面による請負契約で下請負人が自ら運搬することを定めている場合に限られますが、それだけでなく運搬する廃棄物も以下のとおり決めら …

下請負人が許可なく建設廃棄物を運搬できるか?

建設工事において、下請負人が産業廃棄物収集運搬業の許可なく建設廃棄物を運搬することができるのは、建設工事に係る書面による請負契約で定めるところにより自ら運搬を行う場合に限られます。 つまり、下請負人が運搬を行うことについ …

建設廃棄物の収集運搬で留意すべきこととは

建設廃棄物の収集運搬に当たっては、廃棄物処理法に定める収集運搬の基準に従って行わなければなりません。 収集運搬の基準については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」の第6条に定められていますが、このほかに、次のこと …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 産業廃棄物許可鳥取代行センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.